FC2ブログ

復活!か?

とりあえずやっと風邪治った……いやぁ大変だった大変だったw

つうか起き上がれなくなるほど辛い風邪は久しぶり……でもないかw

まぁ今日はまだ本調子ではないので書置き更新で~

割と初期に書いたから微妙なの許してw今も微妙だけど(ぁ

本調子になったらきちんと更新せなw














「悪乱ー鈴仙ちゃん見なかった?」

「うん?見てないけど……悪戯するの?」

「……あはは♪」

「それじゃ鈴仙ちゃんを探そー!」






「……あら悪乱とイナバ。面白いこと考えてるみたいね……」






「あ~いた鈴仙ちゃん~」

「げっ!てゐに悪乱さん……」

「げっとは失礼だな~。ねぇ悪乱」

「うん。失礼失礼~!」

「いやだってこの組み合わせに良い思い出がない……」

「大丈夫大丈夫~……多分ね」

「……てゐ?今何か小さく言わなかった?」

「何も言ってないよ~」

「それよりも~鈴仙今暇?」

「えっ?まぁ今は師匠に何か頼まれてるわけでもないから暇はあるけど……」

「じゃあこっち来て~」

「ってちょてゐ!ひ、引っ張らないでよ~」






「へにょりイナバにイナバと悪乱……これは楽しそうね♪」





「……ここ暗いわね……てゐ?悪乱さん?ってあれ?」

「ここだよー」

「悪乱さんいつの間に前に……っていたっ!な、なんでこんな所に壁が……」

(今の間によろしく……)

「うわ!後ろも暗くなった!!てゐ!悪乱さん!」

「んふふ~悪乱~あとはよろしく!」

「了解~じゃまた後でね~」

「何がよろしくって……きゃ!(今お尻に何か触れた!?)」

「えへへ~」

「悪乱さん!?こっちってはう!?(今度は耳!?)」




「ぷぷ……鈴仙ちゃん焦ってる焦ってる」

「そーなのかー」

「ただ悪乱の友達のルーミアに力を借りて暗闇作ってるだけなのにねぇ」

「面白そうねイナバ」

「わわ、姫様!?」

「悪乱もあんなに楽しそうにして……羨ましいわね」

「(……これはそろそろ退散するべきかなぁ悪乱には悪いけど)あ、姫様私はそろそろ見回りに行ってきますね!では!」

「……イナバ逃げたのね」






「や、やっと捕まえましたよ悪乱さん……」

「あははー捕まったー」

「良いからここから出してくださいよ……暇って言っても少しは仕事あるんですから」

「もう仕方ないなー。お願いー」

「え?いきなり明るくなった……」

「ありがとールーミア。またねー」

「じゃあねー」

「あ……あぁそういうこと」

「へにょりイナバも楽しそうにしてたわね」

「いやでもあちこち触られて変な気分に……って姫!?」

「あー輝夜だ」

「面白そうなことをやってたから見てたのよ。悪乱は本当に悪戯が好きね」

「姫……見てたなら助けてくださいよ」

「あら。でも楽しそうだったじゃない」

「今度は輝夜も一緒に鈴仙で遊ぼー?」

「良いわね。私もへにょりイナバからかってみたかったし」

「……勘弁してください」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mutukiakura.blog101.fc2.com/tb.php/70-6e0f998a