FC2ブログ

うはははは

今日の更新もきちんとSSあるぜ!
でもまぁ今回も鬼さんに送った奴だけどな!



テンション地味に高いな最近こういう所のみ。




「あ……悪乱さん」

「あー鈴仙。おはよー」

「昨夜は良く眠れましたか?と言ってもいつも寝てますけど」

「んー。良く眠れたよ。昨日はいっぱい食べたし……輝夜と沢山話して疲れてたから」

「姫も楽しそうに話してましたからね」

「輝夜の話は面白いから好きだよー」

「あら……貴方起きてたのね」

「師匠。おはようございます」

「えーりんだぁ」

「おはよううどんげ。それより貴方……起きたなら少し良いかしら?」

「ん?なに?」

(何か師匠の笑みが怪しいような……)

「少し私の部屋に来てみない?ここには良く来るけど……来たことないでしょ?」

「んー……行ってみたいかも」

「そう。じゃあこっちに来てもらえるかしら?(キターーー!)」

「(あの笑みは……師匠が絶対に怪しいことを考えてる!)し、師匠!」

「あら……どうかしたのうどんげ?(邪魔しないでくれるかしら?)」

「悪乱さんを部屋に引き入れるのは少し……(し、師匠の瞳が邪魔をするなと言っている……でもここで引いたらいけない気がする!)」

「少し何かしら?問題はないと思うけど」

「う……ひ、姫に言いつけますよ」

「そう……あくまで邪魔するのねうどんげ」

少し険悪になってきた雰囲気。
しかしそれを打ち破る声が突然響いた。

「二人とも喧嘩しちゃダメ!」

「あ、悪乱さん……」

「あ……(頬を膨らまして怒ってる……あー良い)」

「喧嘩してるって輝夜に言っちゃうんだから」

「ごめんなさい悪乱さん……師匠?」

「……限……界(バタン)」

「あれ……えーりんが鼻血噴いて倒れた!」

「師匠!?傷は浅いですよ!」

(ああ……我が生涯に食いなし……死なないけど)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mutukiakura.blog101.fc2.com/tb.php/6-51e19106