FC2ブログ

今日からちょっと特殊なのも乗せるよ

というわけで今日はってか今日から特殊なSSも乗せるぜ。

説明するとイチャスレという板に存在するSSなんだぜ。

とりあえず説明より見てわかってって感じですね。

ではでは今日のSSでーす。














僕はあの日、あのお方に出会った。
時に優しく、時に怖い僕の最愛の人。
始めて会った時から僕はあの人にただ惹かれていた。
向こうではなんでも出来てしまった僕。
僕を変えたものの全てに……僕は感謝してます。







「○○、そっちはもう良いわ。こっちをお願い」

「はい。メイド長、じゃなくて……咲夜さん」

僕は今日もまた咲夜さんの手伝いをしていた。
この幻想卿に迷い込んできてはや1週間……なのかな?
とりあえず色々あってここ、悪魔の住む屋敷、紅魔館に住み込むようになってからは1週間か。
最初は少し大変だったけど、いつものようにすぐに慣れた。
一通り屋敷のことは覚えたし、もうお茶も満足いくレベルのが淹れられる。
一応従者では合格点を貰えるくらいの実力なんだ。
咲夜さんには全く勝てないけど。

「今日は他にやることはありますか?」

「……いや今はないわね。でもそろそろお嬢様が起きてくるから、少し休んでて」

「そうですか……では少し失礼します」

咲夜さんとは一応同僚兼上司の関係。
とは言っても咲夜さんはメイド長で、僕は一介の従者。
本来物凄い立場の差があるはずなのに、僕は特別扱いを受けている。
それは全て……僕がレミリアお嬢様付きの従者だからなんだよね……。






「○○、今日も外には出ていないわよね?」

「はい。レミリアお嬢様の言う通り、今日も一歩も出てません」

僕は何故か森で発見され、ここ紅魔館に連れてきてもらってから、レミリアお嬢様の命令で一度も外に出てない。
レミリアお嬢様の命令なら逆らう理由はなんだけど……一応疑問には思ってるんだけど、聞けないし。
他にも屋敷が騒がしい時には図書館やパチュリー様に近づくなとか……良くわからない命令が多い。
だから僕はこの幻想卿の森と、紅魔館しか見たことない。
でもまぁ問題ないかな?
僕はただレミリアお嬢様のお側に居られればそれで……。




























「レミリアお嬢様はお出掛け……少し暇だなぁ……」

実際レミリアお嬢様がいないと僕の仕事はないに等しい。
基本的な仕事をあんまりやると咲夜さんに怒られるし、図書館には轟音が鳴っていて近づけない。
だから今日は一日部屋でのんびり……してて良いのかなぁ。

「レミリアお嬢様……」

気付くと呟いてる我が最愛の人の名前。
あの日、幻想卿に迷い込んだ僕を救ってくれたレミリアお嬢様。
始めは確かに食料として確保してたみたいだけど……僕のあの言葉から突然変わった。
正直な所……僕がもう少し普通の感性を持っていたら……今ここにはいなかったんだろうな。
でも……僕はレミリアお嬢様との出会いを最高だと思ってる。







「人間。貴方は私に食われるの。覚悟は良い?」

そう言って木の幹に体を預けていた僕の前に一人の少女が立った。
対する僕と言えばきっとまねけな表情をしていたに違いない。
だって……始めて見たから……思わず声に出てた。

「……可愛い」








はっきり言って○○との出会いは最悪だった。
このレミリア・スカーレットに向かってあいつが放った第一声。
未だに耳に残って離れない。
この私に向かって、ただの人間に過ぎない○○が……あろうことか自分を食おうとしてる私を可愛い!?
正直、怒りを簡単に通り越して呆れがあった。
そして最後に出たのは興味。
私を全く恐れないこの人間……傍に置いたらどうなるか……興味があった。
だから館に軟禁状態にして咲夜に世話をさせてる。
どうやら○○は私のために働きたいらしく、従者にしてやったら妙に喜んでた。
……別に喜ばしたかったわけじゃないけど……まぁ喜んでるならそれで良かった。
でも流石にそろそろ限界か……パチェや咲夜、小悪魔や美鈴だけに○○の存在はわかってる。
そう○○は外の人間。
霊夢やあのスキマにばれれば外に帰る話が出る。
もう○○は私の物。
誰にも渡すわけにはいかないのだ……。

「収穫はなし……か」

霊夢の所にわざわざ偵察に来てみたが、霊夢は相変わらず。
特にバレてるようでもないし、感づいてる様子もなし。
こういう偵察は咲夜に任せようかと思ってたけど……何故か自分で来てた。
どうも最近の私は変だ。
○○のことになると、自分で確認しないと安心できない。
しかもこうやって早く帰って○○の顔を見ないと安心出来ない。
どうしたと言うのだろうか……この私が……。
だがこの時私はぬかっていた。
この運命を操る私なら気付くはずだったことを……私は気付いてなかったのだ。







「……困ったなぁ」

僕は心底困ってた。
僕はレミリアお嬢様から館から出ないよう命令を受けている。
でも……あの三人の見慣れない妖精の仕業で僕は今知らない森の中にいた。
紅魔館から出たことのない僕は正直な所外に出てしまえば右も左もわからない。
しかもただの人間である僕が飛べるはずもなく……完全に迷子になっていた。

「レミリアお嬢様に叱られるだろうな……命令も破っちゃったし」

僕は普通の人間だし、夜もだいぶ近づいてきた。
このままじゃ僕は妖怪に食われてしまうだろう。
でも……帰り道はわからない。
仕方なく僕は当ても無く歩くしかなかった。











「○○がいない!?」

「は、はいっ。見ても部屋に姿がなくて……今メイド達に探させています」

帰った私を待っていたのは、咲夜の○○不在の報告だった。
○○が逃げ出すとは思えない。
だが実際○○の姿はない……私の落ち度だ。

「くっ!!」

「お嬢様!?」

私は咲夜の静止の声も聞かず再び外に飛び出した。
もう夜になる……ただの人間である○○は妖怪の餌でしかない。
そんなことはさせない。
○○は私の物だ!私以外の奴に好き勝手にされてたまるもんか!







「はぁ……はぁ」

迷いに迷った僕は予想通り妖怪に追われていた。
しかも一匹どころじゃない。
走れば走るほどその数は増えていき、今はもうどんな数になってるか予想もつかない。
でも捕まるわけにはいかない……命が惜しいんじゃない。
でも僕の命を誰かに渡すわけにはいかないんだ!

「っ!!」

そんな僕に追い討ちをかけるかのように飛んでくる妖怪の弾幕。
だがあんなのはもう慣れた。
体が追いつくかはわからないけど、そんなの当たるはずがない!

「!!」

こんな人間に避けられているのが腹が立つのか、弾幕は更に激しさを増し、僕を打ち倒そうとしてくる。
でも弾幕をいくら厚くしてもパターンは一緒。
だから慣れている僕に当たるはずはなかった。
普通は当たらないはずだったのだ。

「が!?う……」

だが現実は違った。
僕の体の疲労は思ったより激しかったらしく、思ったような動きが出来なかった。
僕は弾幕を数発受け、地面に転がった。
あぁ……レミリアお嬢様から貰った執事服……汚しちゃったな……。
でも……執事服が汚れても逃げるのを止めるわけにはいかない……。
僕の命なんか惜しくない。
でも……この命はもはや僕一人の命ではない。
いやもう僕の命じゃないんだ。
僕の命はあの時救って頂いた、最愛の人……レミリアお嬢様の物なんだ!

「う……わぁぁぁぁぁ!!!」

僕は自分を奮い立たせるために叫び、また走り出した。
体なんかもうとっくに限界を超えてる。
妖怪の放った弾幕によって痛めた足や背中が酷く痛む。
それでも走らなきゃ……僕はレミリアお嬢様の所に帰らなきゃならないんだ……。

「う……うぐぅ……」

何度目か分からない転倒。
妖怪達は狩でも楽しむかのように僕が逃げるのを見ている。
でも好都合だ。
すぐに殺されないなら走れる。逃げれる。
でももう……僕の手足は言うことを聞いてくれなかった。
足が片方変な方向に曲がってる。
今かその前に転んだ時にやられたんだろう。もう感覚がなかった。
それに気付いた妖怪達はつまらなそうに僕に近寄ってくる。
あぁ……申し訳ありませんレミリアお嬢様……貴女に頂いたこの命……こんな妖怪達に散らされてしまって……。

「○○!!」

あぁ……レミリアお嬢様のお声だ……。
大丈夫ですよ……そんな泣きそうな声をしなくても。
僕は貴女様の物……どこにも……行ったりは……。











「……え?」

気付いた時には僕は知らない場所にいた。
白いベットに横たわる僕……そうか、ここは僕の世界の病院に似てるんだ。
紅魔館にこんな所あったかな?

「気付いたみたいね」

「貴女は……」

「私は八意永琳。驚いたわよ。血相を変えたこの子が、貴方を背負って永遠亭に飛び込んできた時は何かと思ったわ」

「この子……?あ、あれ?レミリア……お嬢様」

近くの椅子に座った不思議な女の人、永琳さんの言葉でベットの重みに気付くと、上半身を起こしてみて見ていた。
そしてそこにはレミリアお嬢様が寝ていた。
服は乱れ、酷く疲れていたように寝ている……なんでここにお嬢様が。

「そういえば……僕は妖怪に襲われて……まさかレミリアお嬢様が助けて」

「見た所そうね。大事にされてるみたいで良かったじゃない」

「それは……嬉しいですけど」

永琳さんはからかうような目線で僕を見てくる。
でもどうやらまたレミリアお嬢様に命を救ってもらったみたいだ。
この……なんとも可愛らしい、僕の最愛の人に。

「ん……○○?」

「あら、起こしちゃったみたいね。私は少し出てるからごゆっくり」

「レミリアお嬢様……」

永琳さんは出て行ってしまい、僕はレミリアお嬢様と二人きりで残される。
レミリアお嬢様はまだ起ききってないらしく、まだ目が空ろだ。

「レミリアお嬢様……申し訳ありません。命令を……破ってしまって」

僕はもう一度名前を呼んで謝る。
だがあまりレミリアお嬢様から反応は返ってこない。

「僕の最愛の方レミリアお嬢様、僕はどんな罰でも受けましょう……僕は!?」

そこまで言った所で不意にレミリアお嬢様が僕に抱きついてきた。
僕は何も言えずに固まってしまう。

「……○○……なんで勝手なことした……」

レミリアお嬢様の強がるような、似合わない口調。
泣きそうなのを堪えているのが、僕にはわかってしまった。

「申し訳……ありません」

「許さ……ない。でも……生きてて良かった」

レミリアお嬢様はそう言うと、体を震わせてそのまま何も言わなくなった。
泣いて……いるのだろう。
レミリアお嬢様は優しい、だから……僕のために泣いてくれているのだ。
そう思うと、僕は自然に言ってしまった。

「大好きです……レミリアお嬢様」























結果だけ言えば僕の無謀なプロポーズは簡単に断られた。
従者の身である僕がレミリア様の夫になるのはダメなのだ。
でも僕は今でもレミリア様の隣にいる。
いやむしろ……あれからと言うもの僕の外出禁止の命は解かれ、逆にレミリア様が外に出る時に必ず付き添うようになっていた。
そして必ず毎日レミリア様はこう言うのだ。

「良い?必ず私に相応しい男になりなさい。これが……貴方に与える永遠の命令よ」

はい……レミリアお嬢様。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mutukiakura.blog101.fc2.com/tb.php/46-380226d7