FC2ブログ

今日のSSは~

とりあえず本格的なだるけに襲われています。

というかこれはアレか?休み効果か?

あぁ~だるい……まぁSSは書置きがあるのでそれで更新。

更新しないのもなんだしねw

















「宴会……?それは僕も参加するのかい?」

「もちろんだぜ」

「宴会~?」

突然香霖堂に飛び込んできた魔理沙の言葉に悪乱は?を飛ばしていた。
あんまり聞いたことのない単語が聞こえたのだ。

「悪乱は参加したことないのかい?」

「ん~ないよ」

「悪乱は子供だからな。反対する奴が多いんだよ」

「子供って……悪乱はきみより一応年上だろう?それに悪乱にお酒が飲めないと決まってるわけじゃないだろう」

「なら悪乱が参加したら香霖も来るか?」

「え……まぁそれでも良いが」

「なら決まりだぜ。今回の宴会には悪乱と香霖が参加だな」

「?」

結局魔理沙の独断により、悪乱の意思とは関係ない所で宴会の参加が決まっていた。
そんな事態に止められなかったことを悔やむものはいない。







「結局反対意見は少数で悪乱は参加することになったんだね。結局みんな飲ませてみたかったわけだ」

「まぁそうね。特にうちの鬼なんかあいつに飲ませてみたい、飲ませてみたいってうるさかったから調度良かったわよ」

一歩離れた所からいつものように飲んでいた霖之助の隣に座った霊夢は開始したばっかりだと言うのにため息をついていた。

「魔理沙が前に一度連れてきた鬼かい?でも鬼はかなりの酒豪なんじゃ……」

「やり過ぎたら一発これで叩くから大丈夫よ」

お払い棒を持ってため息をつく霊夢。
その当の話題の悪乱はと言うと、

「んくんく……これ美味しいねー」

「お、良い飲みっぷりじゃん!でもそのペースで大丈夫かなぁ?」

萃香とモロにお酒を飲んでいた。
しかも鬼の瓢箪に入った強い酒である。

「こんなに美味しいの飲んだの始めて~。萃香も飲もうよ~」

「へぇ鬼に飲み比べを挑む気?しかしその挑戦受けた!」

はたから見れば子供が二人で凄いことをやってる中、ここは荒れていた。

「それでね~悪乱ったら私の部屋では絶対寝てくれないのよ~なんで!霖之助さんだって私のこと相手にしてくれないし……」

「無理に呼ばれて来てみたら……愚痴を言うのが目的なのね紫」

早速相当の酒を入れ、酔った状態で幽香に絡む紫。
幽香の予想通りで本当にそのために連れて来られたのは秘密だ。

「……小悪魔?悪乱は?」

「(ギク)えっと……あの鬼と飲み比べしてますね……」

「……悪乱がこっちに来る様子は?」

「ま、全くありませんね~。ってパチュリー様?なんでロイヤルフレア構えて……」

「……なんでもよ」

そしてその日、宴会なのに小悪魔の悲鳴が上がった。

「…………」

「どうしたんですか咲夜さん?悪乱さんの方をじっと見て」

「悪乱ってたまに少しワインを嗜んでる時があるけど、あんなに飲んで大丈夫なのかしら」

「(え!?私はそのワインを嗜むのも始めて聞いたんですけど)さぁどうなんでしょう?今の所は大丈夫そうですけど」

「……もう少ししたら止めに入るわ」

「そうですか……(咲夜さんって悪乱さんに甘いですよね~)」

悪乱のことを心配するもの。面白がって見ているもの。まずその事態に気付いていないもの。鬼に乗せられて一緒に飲み比べをするもの。
そんなみんなが見守る中、遂に異変は起こった。

「まさかこの鬼がぁ~……ガク」

「そんな……化け物ですか……あう」

悪乱に飲み比べを挑んでいた萃香と文が先にダウンしたのだ。
その間も悪乱は水でも飲むかのようにお酒を飲んでいる。

「あ、悪乱?そんなに飲んだら体に……」

「あ~咲夜も~一緒に飲もうよ♪」

「別にかまいませんが……」

(えぇ!咲夜さん止めるんじゃなかったんですか!?)

まず悪乱を止めるために悪乱に近寄っていた咲夜が捕まった。
その笑顔と嬉しそうな声に逆らえなかったのだ。

「ん~ねぇ咲夜~もう少しこっち来て~」

「(この表情は!まずい……でも逆らえない……)は、はい……」

「このお酒口に含んで~」

そう言って悪乱に渡されたのは鬼の瓢箪。
逆らえない咲夜は鬼の酒を迷わず口に含んだ。

「うん♪それでは……」

「ん!?」

その瞬間まだ悪乱の方を見ていた全員が固まった。
あろうことか悪乱は咲夜の口に含んだ酒を口移しで飲み始めたのだ。
ちなみに一番固まっているのは咲夜である。

「んんん!?」

「んちゅ……咲夜の口の中美味しい~」

「あ、ああ……う」

咲夜はそんな冷たい人間ではない。
むしろどちらかと言えば純粋な少女に近いだろう。
そうそんな咲夜がこんな不意打ちを食らって普通ではいられない……それは当然である。

「次は俺が飲ませてあげる~」

だから悪乱が口に含んで口移しで飲ませてくる行動を延々と繰り返されても……抵抗すら出来ないのだ。
つまり完璧な従者である咲夜でも無理なのだ。

「う……」

「あれ?咲夜ももう眠くなっちゃったの?じゃあおやすみ~」

もちろん眠くなったのではない、ただ飲みすぎでダウンしただけである。

「次は誰と飲もうかな~」

もはや悪乱は宛ら獲物を探す獣である。
そしてそれを見た戯れ好きの姫は恐ろしいことをやった。

「うどんげ。悪乱と飲んできなさい」

「えぇ!?ひ、姫!」

「悪乱~うどんげが一緒に飲もうって言ってるわよ~」

「そうなの?じゃあ鈴仙飲もう~」

生贄は今捧げられた。
不幸な一匹のウサギが……暗闇へと消えたのだ。

「ガク……」

鈴仙は見事に描写もなしに真っ赤な顔で口からお酒を流し倒れた。
その表情はある意味幸せそうだったとか。

そしてそれを境に悪乱の暴走は始まった。

「悪乱!もうこれ以上は……むきゅ~」

「パチュリー様ぁぁ!」

「幸せのような……不幸なような……ガク」

「お嬢様!?」

「ガク……って私これだけ!?」

「シャンハーイ」

「あ、こら悪乱どこに手を入れて……きゃちょっと悪ふざけもそこまでにしないと……あ~~~!!」

「えっくえっく……なんで幽香は良くて私はダメなのよ~」

「こ、こら悪乱やり過ぎ……(う……ダメだ。これは鼻血もの……)」

(ふふ……このために研究を止めて宴会に来たかいがあったわ……)

「またこっちでも二人倒れた!」














「ふぁぁぁ~昨日は楽しかったなぁ……あれ?まだみんな寝てるの?」

「悪乱起きたの?じゃあ霖之助さんと一緒に片付け手伝って頂戴」

「あ~霊夢おはよ~」

翌日になるまで悪乱は暴れ続け、結局悪乱を好いていた人物はほぼ全滅した。
例外で言えば、何気に自体を回避していた美鈴や輝夜。
他にも始めから狙われなかった紫という人物は生き残ったわけだが。
少なくとも狙われなかった人物のほとんどが昨日の宴会で騒ぎ過ぎて落ちていたが。
その中で元気なのが、霊夢や霖之助など節度を守った人達だけなのである。

「霖之助さん。魔理沙は?」

「起きたけどまだ無理だね。まぁ昼までには来ると思うよ」

「昨日の宴会楽しかったね~。またやりたい!」

「……また呼ばれることがもしあるなら僕は遠慮させてもらうよ……あの地獄絵図は何度も見たくない」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mutukiakura.blog101.fc2.com/tb.php/38-c0233734