FC2ブログ

お久、そしてある意味核心

ちょっと気張らず適当に書いてみることに……。

うん、ネタとかないし、これなによってのがここのコンセプトだったわ。

んじゃま追記からどぞ。











「んー」

「どうかしたのかい? ユーノ」

「アクラはどうしてる? ちょっと用があるんだけど」

「アクラならあっちに放り込んどいたよ」

「……じゃあ良いか」

アルフの示す先、仮眠室がある場所を見るとユーノは溜め息をついて目を背けた。

「良いのかい? 用事があるんだろ?」

「いやね、ちょっとこれがあってさ」

「……依頼書?」

「依頼人のとこ」

「あぁ……」

「うん、まぁ軽いお節介だし。 別に良いかなって」

「久しぶりに会いたいって、思ってはいるんじゃないかい ?って言うか私としては応援したいんだけどねぇ」

「まぁそれはそれ。 これはこれ。 アクラも休むべきだしね。 というわけでこのフェイトからの依頼はこっちで処理しておくよ」

「相変わらず運がないねぇ」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mutukiakura.blog101.fc2.com/tb.php/211-5e86444f