FC2ブログ

ん~何か微妙w

試しに言っていた文霖書いてみたけど……。

何か微妙だ~でも手直し出来る気がしないからこのまま載せるw

なんつうか……スランプもあるけど全く文が書けてる気がしねぇwww

まぁ仕方ないか。
とりあえず見てやってくださいw

拍手なんてないよ!
リク欲しいなぁw













『常連客の作り方』


「どうして僕の店にはこう客以外しか来ないんだろうな」

「何言ってるんだ私が来てるじゃないか」

「きみは客じゃないよ魔理沙」

いつものように客の全く来ない香霖堂。
客ではない魔理沙が暇潰しに来ていた所に不意に霖之助が不意に疑問を言い出した。
魔理沙は何を馬鹿なことをと言いたげな表情をしている。

「そりゃここまで普通の客が来るはずないじゃないか。そんなのチルノだって分かるぜ」

「それはそうだが……」

立地条件が絶望的なのは霖之助も理解している。
だがそれはあくまで店の経営が趣味であり、それほど重点したくないわけもあった。
だからと言って全く客が来ないのも虚しいのだ。

「ここに来る客と呼べる人物はそう居ないからな……」

この香霖堂を店として利用している人物はあまりに少ない。
紅魔館のメイド長である咲夜や永遠亭の永琳やそのおつかいで来る鈴仙くらいだろう。
紫もたまにものを買っていくが、客としては決して扱えない。
他にも本当にたまに買っていくのも居るが、基本勝手に持っていく人物が良く来る。
主に目の前にいる魔理沙と、霊夢なのであるが。

「まぁ香霖が繁盛するなんてありえないぜ」

わざわざ香霖堂と言わず霖之助本人が繁盛しないと言う魔理沙。
ここまで言われると霖之助もなんだか悔しくなってきていた。
せめてお客が毎日一人くらいは来るぐらいにはしたくなっていた(志が低い)。










「それで何か手はないかい?」

「なんで私に相談なんですか?私はただの新聞記者ですよ」

少し迷惑そうな顔をして理由を聞いてくる文。
だがその理由を尋ねられても何も言えるはずがなかった。
ただ丁度魔理沙が帰った後に一番始めに来た相手がこの文だっただけなのだから。

「でもここを流行らせるやり方ですか~……私の新聞で宣伝とか」

「いやそれはもう前にしただろう?結果は全く変わらずだ」

「あやや……それもそうでしたね」

二人しかいない店内で二人して頭をひねる。
霖之助の予想以上に文は霖之助の質問について真剣に考えてくれているようだ。

「誰か常連客が他に出来てくれれば良いんだけどね。毎日買う気があって来てくれるお客が」

「……それは難しいですよ~。だってそもそもここは良く来る私でも何の店だか分からないのに」

確かに文は結構な頻度で香霖堂に訪れていた。
本人曰く新聞を届けに来るだけなのだが、真意は不明である。
ただその発言は重要であった。
いつも来る文にも何の店か分からない。
それが客が来ない理由になっているのかもしれない。

「何の店か……外の世界の道具を扱う店じゃダメなのか?」

「それじゃインパクトがありません。そうですね……」

わざわざ腕を組み香霖堂のことについて考える文。
だが霖之助は全く気付いていなかった。
文がこれほど真剣に考えてくれる理由を。

「外の兵器すらも悠々と使」

「却下だ。事実を害した脚色はいらないよ」

「脚色は大事で……い、いや!高い評価は必要ですよ!」

一瞬自分でも脚色を認めようとした文だったが、すぐに気付いて訂正した。
だがやはり自分でもその行動が脚色であること自体には気付いているらしい。

「ふむ……まぁ良いか。お客を増やすのは諦めよう」

「はい?」

「まぁ冷静に考えればお客が来る量が増えると僕の読書の時間がなくなるからね」

かなり今頃である。
これでは文が考えた意味もわざわざ呼び止めた理由もなくなる。
ただ当の本人である霖之助はすっかり自分の中で解決してしまったようであった。
文は完全に置いてきぼりである。

「はぁ……まぁ良いですか。私も客が増えても困りますし」

「ん?何か言ったかい?」

「い、いいえいいえ!では私はこれで失礼します」

小さく呟いた心からの本心。
その小さな囁きが本人に届く前に文はつむじ風のように香霖堂を出て行った。
後には呆然とした霖之助が残されているだけであった。

「あぁ……そうか」

そこで始めて霖之助は気付いた。
彼女、文はそういえばほぼ毎日店に来て、しかも良く商品を買っていってくれる常連客であった。
そう始めから作らずとも今話していたのが常連客だったのだ。
そのことに気付いた霖之助はまた少し気分良く、いつもの読書へと戻っていった。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mutukiakura.blog101.fc2.com/tb.php/130-06528250